サーフィンを始める準備

サーフィンで一番大切なルール「前乗り禁止」について

更新日:

サーフィンのルールを覚える

サーフィンにも、他のスポーツと同じようにルールがあります。

ルールを知らないで海に入ってサーフィンすると、思わぬトラブルに発展することもありえます。

最低限、これから説明するルールだけは、覚えてください。

スポンサーリンク

 

ワンマン、ワンウェーブ

maenori01

サーフィンのルールの中で、一番重要なことです。

1つの波には、1人しか乗ってはいけません。

他の人が、あなたより先にテイクオフしたら(しそうだったら)、その波に乗るのはあきらめましょう。

 

MaeNori02

上の図のようなケースも、前乗りだと考えましょう。

既に波に乗っている人から見たら、危険だし、気になってしまってライディングに集中できませんからね。

 

初心者のうちは、波に乗って良いのか判断すること自体が難しいと思います。

そんな時は、自分以外に波を狙っている人がいたら、自分は乗らないようにする。のが一番確実です。

 

サーフポイントによっては、波の争奪戦が激しくて、波をゆずっていたらいつまでたっても波に乗れない。ところも多いと思います。

そういった場合は、そもそもサーフポイントの選び方が間違っている、と私は考えています。

もしくは、混雑する時間帯を避けて、早朝や夕方など、人が少ないときを狙ってサーフィンするものオススメです。

 

長い目で見た場合、激戦のサーフポイントでサーフィンするよりも、そういった少しの工夫をしてサーフィンをしたほうが、上達は早いと私は感じでいます。

 

夏の湘南などは、1つの波に20人ぐらいがアタックすることも少なくないですね。

そういう環境でサーフィンしていると、ついついルールを忘れがちになります。

 

ローカルの強い(地元のサーファーが多くいる)地域では、それは通用しません。

私は以前、前乗りばかりしていた初心者が、上級者に髪の毛をつかまれて、砂浜を引きずられていた光景を見たことがあります。

どうやら、前乗りした初心者のサーフボードに、上級者のサーフボードがぶつかって、サーフボードが傷ついてしまったようでした。

前乗りは、危険なんです。

 

引きずり回すのはやりすぎですが、ルールを守らないと、そういったトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

サーフィンを楽しみたい人を脅したいわけではありません。

みなさんに、トラブルにあってほしくないだけです。

「前乗り」さえしなければ、サーフィンを安全に楽しむことができます。

 

ぜひ、守ってください。

 

サーフィンするポイントを調べる

全くサーフィンを知らない人が、いきなり道具を揃えて海に行く。

そんなことは、ほとんどないと思いますが、そういった場合は、あなたがサーフィンするポイントの情報を事前に調べておきましょう。

 

最低限、以下の3つはおさえておきましょう。

・初心者向けのポイントかどうか。
・リーフ(岩)などはないか。
・ローカルがキツイ場所かどうか。

海に入る前に、しばらく海を観察することで、大きなリーフがないかはわかります。

また、ローカルがキツイかどうかは、波が良い場所にたくさん人がいて、楽しそうに会話などしていればローカルだと思ってよいでしょう。

 

時には、海に入らない選択をする

波が大きすぎると感じた時には、海に入らない勇気も必要です。

特に、台風の前などは、いつもの海とは全く違った状況になります。

波のパワーが、格段に上がります。

 

自信があるのなら別ですが、不安が少しでもある場合は、やめておくのが得策です。

 

他の人の邪魔にならないこと

これは、ルールというよりも、マナーです。

サーフィン初心者の人(パドリングもままならない)は、他のサーファーの邪魔にならない場所で練習をしましょう。

 

どんな場所が邪魔にならないかは、自分が海に入る前に5分ほど海を見ていれば、何となくわかると思います。

長く波に乗っている上級者の、進路から外れた場所で練習しましょう。

そうすれば、他のサーファーと激突するようなことは避けられます。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィンを始める準備

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.