サーフィンメンテナンス

サーフボードのリペアを簡単にやる方法

更新日:

6006

サーフボードを自分でリペアする」のって、難しいと思っていませんか?

実は、3分で簡単にリペアを完了させる方法があるんです。

 

今回は、簡単にサーフボードをリペアする方法を、実際に僕のサーフボードをリペアする様子を画像で紹介していきます。

 

サーフボードのリペアを簡単にやる方法

 

サーフボードをリペアするには、サーフショップに持って行ってなおしてもらうか、リペアキットなどを使って自分でなおすのが一般的です。

 

でも、初心者にとってサーフボードが破損するのは日常茶飯事。

いちいちリペアキットでリペアするのもめんどうだし、簡単になおす方法はないの?と思っている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、3分でサーフボードのリペアを完了させる方法を紹介します。

ただし、この方法は「とりあえずの応急処置」であり、サーフボードを長持ちさせたいならちゃんとリペアキットを使ってなおしてくださいね。

 

リペアキットを使った修理方法は、こちらです。

 

では実際に、僕のサーフボードを3分で簡単にリペアしてみます。

スポンサーリンク

 

道具を用意する

01

簡単にリペアするには、サーフボードのヒビにアルミテープを貼ります。

アルミテープには、たくさんの種類がありますが、水漏れ防止用のアルミテープがよいと思います。

 

ホームセンターに行けば、500円~1000円程度で売っていると思います。

あまり安すぎるものを買うと、粘着力が弱かったりするので、それなりによさそうなものを選びましょう。

 

ヒビの確認

03

今回リペアするヒビの傷口がこちらです。

サーフポイントに徒歩で移動している途中に、強風にあおられて地面にレールを強打してしまい、幅5センチぐらいに渡ってヒビが入ってしまいました(泣)

 

このヒビをしっかりとリペアするには、まず広範囲に渡って一度コーティングをはがして、クロスをはって、樹脂を塗らないといけません。

でも、ちょっとそれは面倒だったので、今回はアルミテープをペタっとはって、簡単にリペアを済ませたいと思います。

 

簡単にリペアするやり方

では、アルミテープを使って簡単にサーフボードをリペアする方法を紹介していきます。

 

1.アルミテープを適度な長さで切る

04

まず、アルミテープを袋から出しましょう。

すると、ガムテープみたいにこんな感じになります。

 

05

アルミテープを適量引き出して、傷口のヒビが十分に隠れるぐらいの長さでハサミで切りましょう。

 

06

ちなみに、私が買ったアルミテープは粘着面が黒くなっていて、厚みもかなりあります。

 

2.アルミテープをヒビに貼る

07

切ったアルミテープを、サーフボードのヒビを隠すように貼りましょう。

この時、いきなりベタっと全体を貼ってしまうと空気が入ってすき間ができてしまうので、まずはこのように真ん中だけ貼りましょう。

 

08

そして、「真ん中から上」と「真ん中から下」というように別々に空気が入らないように注意しながら、ちょっとずつ貼り付けていきましょう。

 

まとめ

以上で、アルミテープによるサーフボードのリペアは終了です。

とても簡単ですよね。

 

3分で、簡単にリペアができたのではないでしょうか。

 

初心者のうちは、サーフボードを破損することが多いと思うので、この簡単なリペア方法でペタペタとアルミテープを貼っていけばよいと思います。

もちろん、この簡単なリペア方法では完全な防水はできないので、海水が入ってくるリスクがあります。

 

しかし、サーフボードのリペアってめんどうなのでやらない人って多いと思うんですよ。

だったら、アルミテープをサクッと簡単に貼って、リペアしたほうが100倍ましだと思うんです。

 

サーフボードをリペアしないで放置したままサーフィンを続けると、サーフボードの中に海水が入ってボードのバランスがおかしくなります。

そうなると、もうまともなサーフィンはできなくなります。

 

その状態でいくらサーフィンをしても、上達は難しいと思います。

あなたのサーフィンの上達を妨げないように、サーフボードを破損したらこの簡単な方法でリペアしましょう。

 

とっても大事なことなので、もう1度言います。

 

サーフボードのヒビをリペアしないで放置すると、そこから海水が入ってサーフボードの重心が変わってしまいます。

重心が狂ったサーフボードでサーフィンしても、パドリングはうまく進まないし、テイクオフも安定しません。

 

重心が狂っていないサーフボードでサーフィンするというのは、サーフィンがうまくなるための絶対条件です。

リペアをめんどうくさがらずに、この3分で簡単にリペアする方法であなたのサーフボードを守ってください。

 

海水が入って重心が狂ったサーフボードでサーフィンするということは、フィンを付け忘れたサーフボードでサーフィンするようなものなのです。

 

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィンメンテナンス

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.