サーフィン初心者講座

サーフィン初心者むけテイクオフ講座 ~波をつかまえる ~

更新日:

動画で学ぶ、テイクオフ

今は便利な世の中になったもので、サーフィンの動画を見れば、テイクオフのやり方がサクっと見れてしまいます。

数ある動画の中で、テイクオフの一連の流れが解説されているものをご紹介します。

テイクオフという動作のイメージが沸いたでしょうか。

では、この動画ではあまり解説されていなかった波をつかまえる」方法について、解説していきます。

スポンサーリンク

 

波をつかまえる

テイクオフの一連の動作の中で、もっとも重要なのは「波をつかまえる」ことです。

波をしっかりとつかまえることができれば、テイクオフは半分成功したも同然です。

 

では、どうすれば波をつかまえられるのでしょうか。

それは、以下の3点だと私は思っています。

・パワーゾーンで波をつかまえる

・パドリングでスピードをつけておく

・波の崩れるイメージが予測できる

 

では、1つ1つ解説していきます。

 

パワーゾーンで波をつかまえる

power_zone

パワーゾーンとは、波の中で一番力が蓄えられている場所のことです。

テイクオフを成功させるには、上の赤丸で示した「パワーゾーン」でサーフボードを滑らせる必要があります。

 

 

波が崩れるにしたがって、パワーゾーンも移動します。

そのパワーゾーンをうまくとらえながら、波を乗りこなしていくスポーツが、サーフィンです。

 

波のつかまえ方

波をつかまえる方法を、簡単に解説します。

 

波が近づいてきたら

SkillUp_CatchWave_Scene01

ボードに波の力が伝わりはじめたら、パドリングを開始しましょう。

波が近づいてくるにしたがって、徐々にパドルを早くしていってください。

 

ボードが滑りはじめたら

SkillUp_CatchWave_Scene02

上の図のように、サーフボードが波に押されて滑りはじめたら、いよいよテイクオフのタイミングです。

「サーフボードが滑る」感覚というのは、誰かに後ろからボードを押されているような感覚のことです。

 

この段階に入る前に、どれだけサーフボードにスピードをつけられたかが勝負です。

スピードが足りなければ、残念ながら波に置いていかれます。

 

テイクオフ

SkillUp_CatchWave_Scene03

サーフボードが完全に滑り始めたら、いよいよテイクオフです。

その時に注意するポイントは、下を見ずに前だけを見ながら、サーフボードの上に立つこと。

 

下を見てしまうと、バランスを崩して倒れることが多くなります。

初心者のうちは、下を見ないでサーフボードに立ち上がるのは難しいかもしれませんが、そのクセを早めにつけると上達が早くなると思います。

 

また、サーフボードに立った時に、後ろ足は内側に入れてください

takeoff_stance02

そのほうが、サーフボードのコントロールがやりやすくなります。

 

波に乗るのは難しい?

テイクオフは、難しいです。

なぜ難しいかというと、テイクオフは、いくつかの基本動作の組み合わせがしっかりできてはじめて、成功するからです。

 

つまり、以下の3つです。

・パドリングでスピードをつけられること。

・波とタイミングが合わせられること。

・テイクオフ(サーフボードに立ち上がる)ができること。

どれか1つが欠けると、波に乗ることは難しいです。

 

「波をつかまえる」。

サーフィンの中で、私が一番好きな動作です。

 

もちろん、波に乗って長い間ライディングするのは「超気持ちいい」です。

でもやっぱり、波待ちをしながら、ウネリからピークを見つけて、一生懸命パドリングして、波を追いかけて、つかまえた時は最高です。

 

しかもそれが、周囲のサーファーが「あの波は早すぎるから無理」と見送っている波であればなおさらです。

「え!?乗りやがった」

間違いなく、そう思われます。

 

私は、例えばそれが小さな波でも、形がよくて、それなりにライディングできそうな波なら、全力でパドリングして追いかけるようにしています。

 

もちろん乗れずに悔しい思いをすることのほうが多いですが、そのほうが私はサーフィンを楽しめます。

みなさんもぜひ、自分から波をつかまえに行ってみてください。

 

最後に、私の友人のサーファーの話を聞いてください。

私の友人に、小さいころに足に大やけどをして、片足の足首がほとんど曲がらないサーファーがいます。

「サーフィンをやりたい」と彼から話を聞いた時、正直「無理だ」と思いました。

 

しかし、数年後、彼はとても上手なサーファーになったんです。

書くと長くなりそうなので、別のページに続きを書こうと思います。

興味のある方は、下のリンクから読んでみてください。

⇒ 左足首がほとんど曲がらないサーファー(友人)

 

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン初心者講座

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.