弱点克服講座

ドルフィンスルーで戻される原因と初心者にありがちなミスについて

更新日:

ドルフィンスルーで戻される原因

サーフィンで、初心者が悩むテクニックの1つに、ドルフィンスルーがあります。

ドルフィンスルーをしても、戻されてしまってなかなか沖に出られない初心者の人も多いのではないでしょうか。

そんな人に向けて、その原因と対策を書いていきます。

スポンサーリンク

 

 

波に対してボードが垂直になっていない

波に対してサーフボードが垂直になっていないと、ドルフィンスルーは失敗します。

その理由は、サーフボードが波のパワーをまともに喰らってしまうからです。

また、ドルフィンしている最中にも、サーフボードをしっかりと持って波に対して垂直になるようにしましょう。

 

海面に対してボードが水平になっていない

ドルフィンをしている最中に、サーフボードが海面と水平になっていないと、波のパワーを受けやすくなります。

そうすると、戻される原因になります。

 

ドルフィンで、海の中にいる最中も、ボードの水平を意識しましょう。

 

スピードが遅い

ドルフィンの前にパドリングでしっかりとスピードをつけていないと、ドルフィンの動作中にバランスを崩しすくなります。

パドリングで充分にスピードをつけておきましょう。

 

バランスが崩れている

ドルフィンの最中にバランスを崩すと、サーフボードがしっかりと沈まず、ドルフィンが失敗する原因になります。

ドルフィンの細かい動きがわからない、どうしてもバランスが崩れてしまう、という人は、以下のやり方を参考にしてみてください。

 

ドルフィンスルートレーニング法

ドルフィンスルーのバランス感覚をつかむために、以下のような手順でドルフィンをやってみてください。

 

1.ノーズを沈める

Dophin_Kabeana02

まずは、両手をボードについて腕立てして状態を起こしてノーズを沈めます。

同時に左足をサーフボードの中心に置きます。

 

Dophin_Kabeana05

両手と左足の3点でボードのバランスを取る練習をします。

 

2.テールを沈める

Dophin_Kabeana03

次に、テールを沈める動作に移ります。

ノーズを沈めるために突っ張っていた腕をたたみながら、腰をテール側に移動していきます。

すると、テールが徐々に沈み始めるので、バランスを取っていた左足を、素早く右足に入れ替えます。

 

この状態の時は、両手と右足でボードのバランスを取ります。

そして、右足でサーフボードのテール部分を蹴って、さらに深く沈めます。

Dophin_Kabeana07

常に、両手と足の3点でバランスをとりながらドルフィンスルーするのがコツです。

 

実際には、以上の動作を流れるように行います。

全部の動作が3秒以内にできるようになれば、スムーズなドルフィンができるようになると思います。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-弱点克服講座

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.