サーフィン日記

サーフィン日記、ハワイでサーフィンしてきました

更新日:

ハワイでサーフィン

今回は、過去にハワイでサーフィンした時のことを書いていきます。

私は、ハワイの中でもオアフ島しか行かなかったので、オアフ島をメインにして書いていきます。

スポンサーリンク

 

ハワイのサーフィン事情

全てのサーファーの憧れ、ノースショア

waiha07

ノースショアでは冬になると、こんな素晴らしいチューブが発生します。

しかし、私が行ったのは夏の時期だったので、波は小さく腰ぐらいのサイズ。

とても、チューブなど巻いていませんでした。

 

基本的に、夏の時期のハワイの波はタルくて、ロングボード向きのようです。

 

有名なワイキキビーチの波も、タルくてロング向きでした。

ワイキキビーチでは、ロングボードのレンタルが立ち並び、すぐにサーフィンできる環境が整っています。

 

さらに驚いたのが、ハワイの海はカラっとしていたこと。

日本だと、海から上がってしばらくすると、肌がベタつく感じがしますよね。

でも、ハワイではサラっとしていて、私はベタつきを全く感じませんでした。

 

なので、海に気軽に入ることができます。

個人的には、海から上がってシャワーに入らなくてもいいんじゃない?と思えるほどでした。

 

ハワイでのサーフィン計画

waiha01

まず、サーフボードをどうするかという問題があります。

マイボードを持っていくなら、航空会社に運賃として約2万円ほど支払わないといけなかったので、現地でレンタルすることにしました。

 

次に、サーフポイントまでの移動をどうするか。

これは、現地でレンタカーを借りて自分で移動する方法と、現地のサーフツアーに参加する方法がありました。

 

レンタカーなら、自分の行きたいところに行けるし、自由度が高くてよさそうだったのですが、現地の土地勘もないし、安全面でも不安があったのでやめました。

 

そこで、プライペートチャーターのサーフツアーに申し込むことにしました。

これは、車を1台まるごとチャーターするプランで、運転手兼現地のガイドがこちらの要望を色々と聞いてくれます。

金額は、約3万円ほどでした。

 

せっかくハワイに行くのだから、観光も兼ねて色々と行きたかったので、奮発することにしました。

 

いざ、サーフトリップ!

まずは、あの有名なハレイワの看板で記念撮影です。

waiha02

ノースショアと言えば、やっぱりここですよね。

 

次に、サーフポイントに移動してサーフィンです。

着替えを済ませて、いざ、海へ!

waiha03

写真を見てわかる通り、ロングボードです。

やっぱり、夏のノースショアは波が小さくてタルいので、ショートではあまり楽しめないそうです。

 

さらに、赤丸の部分。

リーフシューズを履いています。

 

ハワイは、海底がサンゴ礁になっている場合があり、そこに足を着いてしまうと、足が切れて大変なことになるそうです。

また、ウニがいる場合もあり、刺されると大変なことになるとか。

 

では、準備万端。

ゲッティングアウトして、サーフィンです。

waiha04

波が・・・小さすぎる!

ヒザ~モモぐらいの波でした。

 

waiha05

波がタルすぎて、フェイスが張ってないよ・・・。

 

というわけで、海水浴に毛が生えたぐらいしか、楽しめませんでした。

まあ、ノースショアでサーフィンしたことには変わりないので、記念ということで。

 

 

その後、ワイキキビーチでもサーフィンしました。

正直、波はワイキキのほうが良かったです。

滞在していたホテルからも近かったので、気軽にサーフィンできました。

 

夏の時期は、サーフィンする目的だけなら、ノースショアまで行かなくても、ワイキキビーチで充分だと思います。

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン日記

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.