サーフィン日記

サーフィン日記、混雑時のサーフィンにご用心

更新日:

混雑時のサーフィンにご用心

今回は、私が初心者だった頃のサーフィン日記を書いていきます。

 

夏休み

社会人が夏休みの期間中。

時期は、8月の中旬。

一年中で海が一番混む時期です。

スポンサーリンク

 

海の家がオープンするので、サーファーだけでなく、海水浴客もたくさん来ます。

サーファーにとっては、危険な季節の到来です。

 

例に漏れず、私も夏休みは8月の中旬。

なので、できるだけ混雑していないポイントを探してから、海に入ることにしました。

 

いくつかポイントを回り、比較的人が少ない場所を発見しました。

komi01

波も悪くなさそうだし、ここで入ることに決めました。

 

このポイントは、波情報サイトなどに乗っていないシークレット的な場所なので、人が少ないんです。

 

しばらく入っていると、波がサイズアップしてきて、セットももぐらいだった波が、腰ぐらいになってきました。

 

「人も少ないし、いい感じだ~~」

とてもいい気分でサーフィンしていると・・・

 

30分後には、こんなことになってしまいました。

komi02

みんな、どこから来たの!?

どうやってサイズアップの情報を得たの?

もしかすると、社内で待機していた待機組が、一斉に入ってきたのかもしれませんね。

 

貴重な夏休み、わざわざ遠方から車で来ている人もいると思うので、いくら混雑しているからって、海入らずに帰ることなんて、できないですよね。

 

ただ、私から1つ言えることは、上の画像の状態になったら、「激混みでサーフィンできない」ことです。

夏の湘南の海は、こんなものではないのかもしれませんね。

 

混雑時の傾向と対策

サーフィンをやっていると、避けては通れない問題。

それは、混雑との戦いです。

 

特に、週末サーファーとなれば、その問題はいつでもついて回ります。

土曜日、日曜日の週末は、社会人の多くが休日なので、基本的にどこのポイントでも混雑しています。

 

夏本番ともなれば、ラインナップにはあふれんばかりのサーファーがびっしり。

波がきたら、一同が一斉にパドリングを開始し、思い思いにテイクオフ。

そして、横に行くことなんて考えずに、とりあえずまっすぐに滑って終了。

 

みんなで一斉にテイクオフしてまっすぐに滑って、誰が一番遠くに行けるかを競う競技をやっているかのようです。

 

前乗りなんて、気にしていません。

5~6人が同時にテイクオフするので、誰が前乗りなのかもわかりゃしませんよ。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」状態です。

 

でもこれって、すごく危険な状態です。

隣の人のサーフボードが、頭の上から降ってくるかもしれません。

それを回避するための一番の方法は、なるべく混雑していないポイントで海に入ることです。

また、サーフィンする時間帯を早朝か夕方にするなど、時間をずらすことも有効です。

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン日記

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.