サーフィン日記

離岸流は恐ろしい!

更新日:

離岸流は恐ろしい

これは、今から約10年前のことです。

私がまだ、サーフィンをはじめてから数か月の時に、河口でサーフィンして離岸流に流されました。

そのときのことを、お話します。

スポンサーリンク

 

イケイケだった私

サーフィンをはじめて、横に走れるようになって私は、イケイケでした。

 

もう、サーフィンが楽しくて仕方が無い。

もう、ずっと海に入っていたい。

朝から晩まで、飲まず食わずでもいいからサーフィンしたい。

もっとうまくなりたい。

 

そんな頃でした。

 

河口は波が良い

河口は、強いカレントが発生することもあり、よい波が立ちやすいようです。

私も、友人から河口は波が良いと聞いていました。

 

自宅から河口が近かったこともあり、自信過剰だった私は初心者にも関わらず、サーフィンしに行ってみることにしました。

 

いざ、サーフィン!

サーフィン道具をまとめて車に積み込み、準備はOK。

河口までは車で5分ほど。

事前に潮見表などの潮周りを調べることもなく、喜び勇んで出かけました。

 

ポイントにつくと、車が3台ほど止まっていました。

沖の方でサーフィンしているサーファーが1人。

堤防で釣りをしている人が2人。

 

波は、かなり沖の方で割れているのでよく見えませんが、なかなか良さそうです。

 

パワーのある河口波

準備をして、いざ、ゲッティングアウト。

波はかなり沖の方で割れていましたが、なぜかスイスイ進むパドリング

「何だか今日は調子がいいぞ~」

 

いつもはゲッティングアウトに苦戦する私が、難なく沖に出てこれました。

沖には、20代後半と見えるベテランサーファーが1人。

リップをバシバシ決めて、超うまい。

 

波のサイズは腰~腹程度。

でも、実際にテイクオフしてみると、パワーがあってすごく乗りやすい

「何これ。すごい気持ちい!!!」

 

30分もすると、ベテランサーファーも帰っていいったので、私1人の貸し切り状態になりました。

 

良い波ばかりで、乗った後にパドルで戻る間にも、次から次へ良い波が押し寄せてきます。

「ちょっとまってくれよ~~」

そんなことを思いながら、顔は満面の笑みです。

 

パドリングが進まない!?

そろそろ疲れてきたので、帰ろうかな~と思い、岸に向かってパドリングを始めました。

「いや~、今日のサーフィンは最高だったな~」

「お腹すいてきたから、帰りにマクドナルドでハンバーガー食べて帰ろう」

そんなことを思いながら、パドリング。

 

1分結果。

3分結果。

おや、様子がおかしいぞ。

 

ぜんぜん、パドルが進まないじゃないか。

サーフィンで力を使いすぎたか・・・。

 

今までよりも力を入れて、5分ほどパドリングしてみました。

それでも、岸はぜんぜん近くなりません。

というか、むしろ遠くなっている気がします。

 

ここで、一気に緊張感が高まりました。

ヤバイかもしれない。

脳裏に、「離岸流(カレント)」という言葉がよぎります。

 

これがウワサの離岸流か。

自分が、流されていることに気がついた瞬間でした。

 

離岸流から脱出せよ!

riganryu01

離岸流から脱出するには、流れに逆らってはいけません。

その流れに逆らわないように、外れる必要があります。

 

そこで、岸に向かってパドルするのを諦めて、しばらく横に移動してから岸に帰る作戦にしました。

必死の思いでパドリングして、何とか岸に近づくことができました。

 

ただし、たどり着いたのは釣り人がいる堤防でした。

「なんでこんなところからサーファーが上がってくるんだ?」

という目で見られながら、海から上がりました。

 

「もともと、ここから帰るつもりでしたけど」

的な感じで、すまして海から上がりました。

 

でも、心の中では

「離岸流から帰ってこれてよかった~」

「もう、河口で入るのは絶対に止めよう!」

と思っていました。

 

事実、それ以降、一度も河口ではサーフィンしていません。

 

離岸流は恐ろしい

離岸流は、怖いです。

私の場合は、何とか自力で帰ることができましたが、最悪の場合には亡くなることだってあります。

 

少し横にパドルしただけでは到底ぬけられない、強い離岸流もあるそうです。

くれぐれも、初心者の方は河口ではサーフィンしないようにしましょう。

 

河口でサーフィンしている人がたくさんいても、その人たちは潮見表などで潮周りを確認し、潮の動きの少ない数時間を狙ってサーフィンしたりしています。

 

注意しましょう。

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン日記

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.