サーフィン日記

サーフィン日記、レギュラーとグーフィー。

更新日:

サーフィン日記、レギュラーとグーフィー

サーフポイントは大混雑

先日、サーフィンをやってきました。

波のサイズは腰~腹ぐらいで、レギュラー・グーフィー共にキレイに割れていく三角波でした。

 

人数は20人弱。

このサーフポイントは、ブレイクする場所がほぼ固定されているため、この人数でも激戦です。

 

また、仲間うちで来ている人も多いらしく、10人ぐらいは同じサーフショップか何かの知り合い同士のようでした。

良い波が来ると、「レギュラー?グーフィー?」と声を掛け合って、どちらに行くかを確認し、確実にレギュラーとグーフィー方向の2つを取っていきます。

 

その上、みなさんのサーフィンレベルが高く、リッピングなどをバシバシ決める人ばかりでした。

 

さて、こうなると私なんかは、ほとんど波に乗ることができません。

インサイドの小波で、お茶を濁すぐらいしかできることがなくなってしまいました。

スポンサーリンク

 

機会を伺いながら、待機

でも、インサイドの小波だと、横に走れない。

そこで、ちょっとインサイド寄りにポジショニングしながら、セットの裏の波などを狙うことにしました。

 

セットが来ると、レギュラー・グーフィーの波にそれぞれ乗っていくので、2人はいなくなります。

また、この波を取れないかと、とりあえずパドルして波を追いかけていく人も数人いるので、さらに減ります。

 

セットの裏に良い波がくれば、私にもチャンスはありそうです。

 

セットの裏から、良い波が!!!

しばらくすると、セットが来たすぐ裏から良い波が来ました。

この波を狙っているサーファーは、私の他にあと1人だけ。

この人と逆の方向に行けば、私は波に乗ることができます。

 

よし、いける!!!

パドリングを開始し、もう1人がどちらに行くのか、彼の見ている方向から推測していきます。

 

でも彼、どっちもチラチラ見ている。

そして、テイクオフする直前までどっち側に走るか判断できず・・・。

 

結局、波を乗り過ごしてしまいました。

ちなみに、彼は私が狙っていた方向にはこなかったので、結果的には私は行っても問題なかったです。

そして、とても良さげな波でした。

 

こういうことって、よくあるんですよね。

でも、このシチュエーションで、こちらが強気にテイクオフしてしまうと、もし方向がカブッてしまった場合に、トラブルの元になってしまいます。

 

そこで、私から提案があります。

 

【サーフィン新ルール(案)】

テイクオフした時、もしくはテイクオフしようとパドリングしている時、レギュラーを狙っている人は、「レレレレレ・・・」と、レギュラーの「レ」という言葉を連発する。

また、グーフィーを狙っている人は「ググググ・・・・」と連発する。

 

これで、みんながどちらを狙っているかがすぐにわかるし、きれいに割れる三角波を、レギュラー・グーフィーともに無駄にすることが減ると思います。

 

・・・

 

でも、初めはレギュラー狙ってたけど、テイクオフ直前になってグーフィーのほうが良さそうだな。

って時は、「レレレレググググ」とかなっちゃって、面倒なことになりそうですね。

 

しかも、「レレレレ・・・」とか言いながら、思い切りグーフィー方向に行ってしまうヤカラも出没しそうですよね。

まるで、ウィンカーの右を点滅させながらも、思い切り左折していく原付のおじいちゃんのように。

 

あ~、良い波乗りたかったなぁ~~。

トホホ。

 

以上、私の未練たらたら日記でした。

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン日記

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.