サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、パドリングは足を開くほうがよい!?

更新日:

今回は、私が気になったサーフィン動画のレビューをしていきます。

サーフィン初心者の代表として、初心者目線で感想を書いていきます。

 

パドリングが辛くなる原因

レビュー対象の動画はパドリングが辛くなる原因」というタイトル。

パドリングといえば、サーフィンの中で基本中の基本にして、最も大切なテクニックですよね。

そのパドリングに、新しい角度から意見を述べている動画です。

スポンサーリンク

 

まずは、ザックリと動画で述べていることをザックリ書くと・・・

・これまで教えられてきたパドリングの常識は、全て間違っている
・両足をそろえる ⇒ ダメ。
・背中を反る   ⇒ ダメ。
そんな姿勢でパドリングすると、ノーズが上がって抵抗を受けてしまい、スピードが出ない。疲れる。

⇒ 正しいパドリングの姿勢は、足を少し開くこと。そうすることで、体全体の力がぬけて、疲れないパドルができるようになる。

ということでした。

 

実際の動画は、こちらです。

全部で2つ動画があって、1つ目がこちら。

 

 

2つ目がこちらです。

ふむふむ、なるほど。

とても説得力があるし、もしも足を開いたほうが疲れにくくて、効率のよいパドリングができるなら、今日にでもマネしたいですよね。

では、レビューしてみましょう。

 

レビュー結果

movie_review

やっぱり足は閉じたほうがよいと思う

個人的には、足を開いてパドリングするのはオススメできません

その理由は、スピードが出ないから。

 

足を開いてしまうと、どうしてもつま先のあたりが水面に接触してしまいます。

そうすると、その部分が抵抗を受けてしまって、せっかくパドリングしてもブレーキをかけてしまう形になります。

 

surf_movie_kely_padle01

さらに、パドリングでは上の図のように、頭から足先にかけて伸びる青い線をブレさせないことが重要です。

この状態をキープしてパドルするのが、一番効率がよいとされています。

 

足を開いてしまうと、この青い線をキープするのが難しくなります。

足を開くことは、「サーフボードに腹ばいになって乗る」という面では、バランスが取りやすいのでメリットがありますが、「効率のよいパドリングをする」という面では、失速につながりやすいデメリットがあると言えそうです。

 

 

今度海に行ったら、あなたが上手だと思うサーファーのパドリングを観察してみてください。

みんな、足を閉じて、背中を反っているはずです。

 

世界的に有名なプロサーファーはどうでしょうか。

ケリースレーターや、ミックファニングは?

胸を反り、両足は閉じてますよね。

 

それは、背中を反って、両足を閉じた状態が、効率の良いパドリングをするために、一番良い姿勢だと知っているからです。

この「効率の良さ」とは、「疲れない」「辛くない」ということではありません。

「スピードをつける」ということです。

 

以上の理由から、パドリングは両足を閉じて、背中を反るのが正解だと私は感じました。

 

初心者にはオススメできる面もある

surfin_review2

サーフィンをはじめたばかりの初心者にとって、慣れないパドリングをするのは苦痛です。

疲れるし、ぜんぜん前に進まないし、両足をそろえて背中を反る姿勢は疲れます。

 

そこで挫折してしまうサーファーも、多いと聞いたことがあります。

であれば、バランスの取りやすい足を開いた状態でパドリングをしてみて、感覚をつかんでみるのは非常に効果的だと思います。

何より、パドリングに慣れるのが最優先ですから。

 

しばらくその状態でサーフィンしてみて、慣れてきたら両足を閉じて背中を反るスタイルに切り替えればよいと思います。

もちろん、両足を開いた状態のほうが性に合うのであれば、そのまま続ければよいと思います。

 

ただし、その状態で何か壁にぶつかった時、例えば「テイクオフしようとしても波に置いていかれる」というようなことがあった場合、パドリングの姿勢を本来の形に変えてみてください。

パドリングのスピードが上がって、壁を越えることができるかもしれません。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.