サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、テイクオフを楽にするフォースリフト

更新日:

今回は、私が気になったサーフィン動画のレビューをしていきます。

サーフィン初心者の代表として、初心者目線で感想を書いていきます。

 

テイクオフを楽にするフォースリフト

レビュー対象の動画はテイクオフを楽にするフォースリフトというタイトルです。

スポンサーリンク

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・波のウネリには、後ろから押してくれる力と、下からサーフボードを持ちあげてくれる力がある(フォースリフト)
・テイクオフの時に、フォースリフトの力を使うことで、楽にテイクオフすることができる
・フォースリフトを使うのは、波のピークでテイクオフしないといけない

ということのようです。

 

動画はこちら。

 

レビュー結果

movie_review

パワーゾーンでテイクオフすることは重要

結論から言うと、「波のピークからテイクオフすることが重要」ということを言いたい動画だと思いました。

動画中では、波のピークのボトムにパドルで自分をセットすれば、テイクオフする時にフォースリフトの力が使える

と解説していました。

 

fall_lift

動画でフォースリフトの説明を聞いても、あまりイメージがつかめなかたのですが、こうやって絵にしてみると、

それって、「波のパワーゾーンでテイクオフする」ってことじゃないだろうか。

と、私は思っています。

 

波を待っている人が多い

surfin_review2

動画の中で、フォースリフトの件の他に、とても重要だと感じた話しがありました。

それが「波を待っている人が多い」ということです。

 

サーファーは、誰でも波待ちをします。

しかし、いざ、良い波(ウネリ)が来た時に、初心者のサーファーほど、その場で180度方向転換をして、岸に向かってパドリングを開始します。

 

上手なサーファーは、波がまだウネリの状態の時から、どこがピーク(頂点)かを予想し、そこにむかってパドリングします。

そして、ブレイクするタイミングを予想しながら、パドリングのスピードを調整し、テイクオフします。

 

これは、単純にピークを探して横方向にパドルで移動するという話しではなく、沖方向にもパドルします。

波を迎えに行くような形です。

 

このようにして波をつかまえる方法は、体力を消耗しますが、良いライディングをするには必須のテクニックです。

このやり方をすると、結局は、動画で言うところの、フォースリフトを使うことになるのでしょう。

 

初心者が波を待っている理由

しかし、初心者が波を追いかけないことには、理由があると思います。

ぱっと思いつくものをあげてみます。

 

ピークがどこかわからない

大きな波のウネリが来たけど、どこが波のピークになるかわからない。

これは、確かに難しいかもしれません。

 

基本的には、ウネリの中で一番盛り上がっている部分になるのですが、わかりずらい場合も多々あります。

その対策としては、海に入る前に5分ほど海を観察し、よい波が割れている箇所を覚えておくとよいかもしれません。

同じような場所で割れているポイントなら、そこを意識していれば、ピークを探す助けになってくれます。

 

混雑している

人が多すぎて、パドルで移動なんてできない。

これは、夏休みなど、海が混雑する期間中はよく遭遇するケースです。

 

とにかく波が来たら、180度ターンして全力でパドリング。

波に乗れたら、ラッキー。

というようなケースです。

 

この場合には、ちょっと対策は難しいかもしれません。

可能ならば、混雑しないポイントを選ぶか、時間帯をずらして、早朝の朝4時30分ぐらいからサーフィンする、とかでしょうか。

 

疲れるからパドルしたくない

パドリングに慣れていない初心者のうちは、仕方がないかもしれません。

しかし、パドリングで波を取りに行くのは、テイクオフはもちろん、長く波を横に走る意味でも重要です。

なるべく、パドルで波を追いかけるクセをつけましょう。

 

パドリングが遅い

波のピークに向かって移動などしていたら、とてもテイクオフに間に合わない。

そんな意識がある人もいるかもしれません。

 

やはり、パドリングはサーフィンの基本です。

集中的に練習して、技術を磨いていきましょう。

 

別ページで、パドリングが遅い人の原因と対策を書いていますので、よろしければご覧ください。

⇒ パドリングが遅い原因と対策

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.