サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、ニコリン・サーフレッスン【パドリング編】

更新日:

今回は、サーフィン初心者向けの動画のレビューをしていきます。

 

ニコリン・サーフレッスン【パドリング編】

レビュー対象の動画は「ニコリン・サーフレッスン【パドリング編】」というタイトルです。

サーフィン初心者向けに、テイクオフの動作を細かく解説している動画です。

スポンサーリンク

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・水中からボードに乗る

・ボード上での体の位置

・パドルの腕の動かし方

・パドリングの悪い例

・色々な角度からパドリングを見てみよう

約4分間という短い動画ですが、パドリングのコツを知りたいと思っている人には、とても役に立つ動画だと思います。

 

動画はこちらです。

 

レビュー結果

movie_review

上級者のパドリングが手に取るようにわかる

私がこれまでに見てきた動画の中で、パドリングのやり方が一番よくわかる動画だと思いました。

ほかの動画では見たことがないほど、具体的にパドリングを解説してくれています。

 

海面に手を入れる位置

pad02

パドリングで手を海面に入れる位置は、時計の10時と2時の方向に入れましょう。

実は、このやり方は初心者には難しいのですが、身に付ければ体全体の筋肉を使ったパドリングが身に付きます。

それによって、パドルしても腕が疲れにくくなります。

 

この方法がしっくりこない人は、もうちょっと前の11時と1時の方向でもよいと思います。

 

力を入れる部分

pad03

パドリングのストロークで力を入れるのは、写真の赤い線の部分にしましょう。

また、水中から出た腕は、海面ぎりぎりを通って前に戻すようにしましょう。

 

ストロークの軌道

パドリングのストロークのやり方については、以下の写真を見てください。

pad04

ポイントとしては、クロールのようにまっすぐに腕を引くのではなくて、ボードのレールの下を通すイメージで行うことです。

 

pad05

ボードの下を通すイメージでストロークして、終わったら海面すれすれを通って前に出します。

この動きは、上の図のように楕円を描くような軌道になります。

 

パドリングのストロークのイメージがわかない人は、もう一度動画の2分45秒あたりから見直してみましょう。

この記事の最後に、2分45秒まで早送りした動画をのせておきます。

 

自分のパドリングを見直せる

この動画の最後のほうで、パドリングしている人を下から撮った映像が出てきます。

この映像を見れば、パドリングのストロークの軌道と、テンポがとてもよくわかります。

 

また、この映像と自分のパドリングと比較してみることで、自分のパドリングの改善点がわかるかもしれません。

実際に私も、この動画を見ながら自分でパドリングをしてみて、照らし合わせたところ、思ったよりも水中で波を押している時間が少ないことに気がつきました。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 

みなさんも、一度確認してみると、改善点が見つかるかもしれませんよ。

もう一度、パドリングのストロークの部分から動画を再生したい方は、以下の動画をご覧ください。

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.