サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、HowToSurfパドリング編

更新日:

今回は、サーフィン初心者むけの動画をレビューしていきます。

 

HowToSurfパドリング編

レビュー対象の動画は「HowToSurfパドリング編」というタイトルです。

スポンサーリンク

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・ボードに乗る位置について

・手の開き具合について

・ストロークの方法について

・パドル時の足について

・沖に出る時のパドルと、テイクオフする時のパドルの違いについて

 

動画はこちらです。

 

レビュー結果

movie_review

ザックリと学ぶには最適

この動画では、パドリングのやり方が一通り解説されています。

ザックリとパドリングの概要を把握するには最適だと感じました。

 

ただし、もっと詳しく知りたい場合。

例えば、サーフボードに乗るときは「サーフボードの重心とおへそあたりを合わせるように乗ってください」と解説されている部分ですが、そもそもサーフボードの重心はどこなのか。

 

他にも、「パドリングのストロークは、基本的にはクロールの要領でおこなってください」という部分で、実際にどれぐらい海の中に手を入れてストロークするのか。

また、ストロークする軌道はどんな感じなのか。

 

そのあたりを知りたい人には、少し物足りない感じがするかもしれません。

 

このあたりを詳しく知りたい人は、別記事で紹介したパドリング動画を参考にしてみてください。

⇒ 【別記事】詳細!パドリング動画

 

状況別のパドリング

この動画では、シチュエーション別のパドリングについても解説されていました。

 

沖に出る場合

沖に出る時のパドリングは、あまり力を入れずにリラックスして行いましょう。

ここで力を使ってしまうと、せっかく沖に出てもテイクオフの時に力が出せません。

 

ただし、波が大きくて、波が数が多かったりする場合は別です。

だらだらパドリングしてドルフィンを繰り返し、なかなか前に進まない状況の時には、一気に気合を入れて沖に出てしまったほうがよいと私は思います。

 

テイクオフの時(厚い波)

pado01

厚い波からテイクオフする時のパドリングは、波がウネリの状態の時から、早めに全力でパドリングを開始します。

 

厚い波の場合、パドリングでスピードをつけすぎてパーリングする危険が少ないので、恐れずに全力でパドリングしましょう。

 

そして、ボードが滑り始めたら、すぐにテイクオフしましょう。

 

テイクオフの時(掘れた波)

pado02

掘れた波からテイクオフする時のパドリングは、あまりパドリングでスピードをつけすぎないことがポイントです。

 

パドリングをがんばりすぎると、パーリングする危険が高まります。

 

パドリングを小さく速く行い、パドリングでスピードをつけるというよりも、波とボードの波長を合わせるぐらいの気持ちで行いましょう。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.