サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、田中英義プロがテクニック解説

更新日:

今回は、サーフィン初心者向けの動画のレビューをしていきます。

 

田中英義プロがテクニック解説

レビュー対象の動画は「田中英義プロがテクニック解説」というタイトルです。

 

プロサーファーの田中英義さんが、サーフィン初心者向けにテクニックの解説をしてくれている動画です。

スポンサーリンク

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・パドリングで気を付けていること

・早くテイクオフする方法

・カービング風カットバック

・バックハンドが上手くなるコツについて

・リップでスプレーを上げるコツについて

 

動画はこちらです。

 

レビュー結果

movie_review

中級者~上級者向けの話が多い

私の個人的意見からすると、サーフィン初心者にとっては参考になる話が少なかったように思いました。

 

動画前半のパドリングに関する話は参考になるのですが、後半のカービングやリッピングの話は、サーフィン初心者向けとは言えず、中級者~上級者向けだと思います。

 

リッピングでうまく板を返す方法だったり、スプレーをより多く飛ばす方法などは、上級者にとっては非常に参考になる話しだと思います。

 

初心者向けの話、抜粋

動画中で、初心者向けの話題だと思ったものを抜粋してみます。

 

パドリングで気を付けていること

パドリングは、力ではなくてバランスだと思う。

力んでしまうと、すぐに疲れてしまうし、腕も回らなくなってしまう。

大事なのは、板にちゃんと乗れているかということだと思う。

確かに、パドリングは力よりもバランスだと私も思います。

さらに、板にしっかりと乗れているかが一番重要だと思います。

 

しっかりと乗れているかというのは、サーフボードの重心と自分のおへその位置が合っているかということです。

 

サーフボードの重心の確認方法は、サーフボードを片手で持って、左右のバランスが同じ位置です。

pado01

これは、パドリングする上での最重要ポイントなので、しっかりと確認しておきましょう。

 

テイクオフの時にバタ足はしてもよいと思う。

ただし、体の軸がバタ足でブレてしまう人は、やめたほうがよいと思う。

バタ足については、色々な意見がありますよね。

ボードがグラグラするから、バタ足をするとかえってテイクオフが遅くなると言う人もいれば、波をバタ足で蹴ったほうがテイクオフが早くなるという人もいます。

 

田中英義プロからすると、バタ足で体の軸がブレなければ、バタ足してよいのではないか。

という見解のようですね。

 

テイクオフの時はアゴをつける?

昔は、テイクオフの時にボードにアゴをつけるぐらい前荷重にすると早くテイクオフできると言われたことがあった。

実際、そんなことはないと思うし、自分自身もやっていない。

私も、テイクオフの時にアゴをボードに当てると早く立てるというのは聞いたことがありました。

実際、それは単なるウワサとして定着しつつあるようです。

 

私は、タルい波の場合は、このウワサは正しいのではないかと思っています。

というのは、タルい波だとボードがなかなか落ちて行かないので、なるべく頭を下げてパドルして、前荷重にしたほうが波をつかまえやすくなると思うので。

 

早くテイクオフするコツ

早くテイクオフしたいなら、パドリングを速くしないとダメ

より沖のほうからパドリングして、波がまだウネリの状態からテイクオフできるようにすればいい。

そうすれば、結果的にテイクオフは早くなる。

この話も、すごく参考になります。

 

パドリングを速くして、ウネリの状態からテイクオフする。

そうすると、サーフボードに立った時点でまだフェイスが張っているので、アップスやボトムターンに自然に入れるというわけですね。

 

やはり、パドリングはサーフィンする上で最も重要なテクニックだと言えそうです。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.