サーフィン日記

サーフィン日記、初心者サーファーの星

更新日:

初心者サーファーの星

dialy_title08_3

先日、週末にサーフィンをしていたら、20代前半と思われる男性サーファーに声をかけられました。

「すいません。サーフィンって、難しいですね。」

そのサーファーは、少し小太りで、サーフボードは真っ白でピカピカの1年生状態。テイクオフもできず、波のパワーゾーンなども意識できていないため、全く波に乗れていないのでした。

スポンサーリンク

 

彼は続けて話しかけてきました。

彼「まだサーフィンして2日目なんですけど、どれぐらいで立てるようになりますかね?」

私「2週間ぐらいあれば、立てるようになるんじゃないですか」

彼「え!? 2週間ですか? 知り合いのサーファーに聞いたら、1ヵ月以上はかかるって言われたんですけどね。2週間で立てるようになったんですか?」

私「ま、まぁね。あ、でも2週間、毎日海に入って練習すればってことだけどね(汗)」

 

見栄をはって、2週間で立てるようになるなんて、言っちゃってやんの。オレ。

もし週末サーファーだったら、2週間ってことは最大で4回しか海に入れないってこと。普通に考えると、無理っすね。パドリングもままならないですよ、だぶん。

実際、私の場合はサーフィンを始めてからサーフボードに立てるようになるまで、ほぼ毎日海に入って、まるまる2ヵ月ぐらいかかりましたよ。(遅!!!)

 

彼「昨日は友達のショートボードでサーフィンやったんですけど、ぜんぜん乗れなくて。でも逆に、それでハマっちゃいました。絶対乗れるようになってやる!って。それで、友達がまずはファンボードから始めたほうがいいって言うんで、ファンボードをノリで今日買っちゃったんですよ!7万ぐらいしたんですけど、勢いで買っちゃいましたよ!」

私「たしかに、はじめは浮力のあるファンボードからはじめるのが上達の近道かもしれないですね」

彼「でも、ボードに乗る位置がわからないんですよ。前すぎてもダメだし、後ろ過ぎてもダメだし。」

私「サーフボードを片手で持って重心を調べて、そこに自分のおへそを合わせるようにして乗るといいですよ」

彼「そうなんですか、ありがとうございます!」

若いっていいな、って思いました。
自分も昔、高校生の時にはじめてサーフィンをやりました。

海の近くに住んでいる友達がサーフィンをやっていて、何となくサーフィンをやったのがきっかけでした。サーフボードに腹ばいになるのも一苦労で、波待ちすらできなかったことを覚えています。

波に何度も巻かれたし、ぜんぜん波には乗れなかったけど、波が持つパワーは自分の想像をはるかに超えていて、波に押された時の感覚は他の何者にも代えがたい感動がありました。

たぶん、この若者も、同じような感動を覚えて、サーフィンにハマりはじめているんだな、と思うと、こちらまで嬉しくなりました。

 

サーフィンをはじめたばかりの初心者には、いくつかの壁があります。

パドリング。

ゲッティングアウト。

テイクオフ。

 

横に滑れるようになれば、すごく楽しいですが、それまではまるで修行のようです。

dialy_title08_4

私の場合は、海が好きだったし、波に押されているだけで楽しかったので耐えられましたが、そうでない人は「この壁」を超えられずに止めていってしまう人も多いような気がします。

今年の夏が終わる頃には、テイクオフをして横に滑れるようになった「彼」と、いつもの海で出会えたら最高だと思いました。

dialy_title08_5

Keep Surfin.

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン日記

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.