サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、HowToSurfテイクオフ編

更新日:

今回は、サーフィン初心者むけの動画をレビューしていきます。

 

HowToSurfテイクオフ編

レビュー対象の動画は「HowToSurfテイクオフ編」というタイトルです。

スポンサーリンク

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・陸上で反復練習

・ボードへの加重のかけかた

・上手な人をよく観察しよう

・パドリングのリズム

・トロい波と速い波でのテイクオフの違い

ということのようです。

 

動画はこちらです。

 

レビュー結果

movie_review

ザックリと学ぶには最適

この動画では、プロサーファーの浦山哲也さんがテイクオフのやり方が一通り説明してくれています。

 

ザックリとテイクオフの流れを把握するには最適だと感じました。

ただし、「テイクオフの時の立ち上がる手順」については、あまり解説がされていません。

 

サーフィン初心者は「どうやってサーフボードに立つのか」という部分がとても気になっていると思います。

 

その部分を詳しく知りたい方は、当サイトの以下のページが参考になると思います。

⇒ 【別記事】サーフボードに立つ方法

 

陸上トレーニングについて

この動画では、海に出る前に陸上で反復トレーニングをすることを推奨しています。

 

確かに、陸上でテイクオフのトレーニングをすることは、非常に重要だと思います。

 

ただ、この動画の中で、前足を出す動作の映像があるのですが、これがあまりよくない例だと感じました。

takeoff01

後ろ足のヒザを付いている状態から、前足を出しているのですが、見てわかる通り、前足があまり出ていません。

 

それも当然で、この体勢から前足を出すのは非常に困難です。

 

自分でやってみるとわかるのですが、体が硬い私は、ほとんど前足を出せませんでした。

プロサーファーの浦山哲也さんだからこそ、ここまで出せているんです。

でも実際には、前足はもっと前に出す必要があります

 

この動画では、参考までにこの動作を紹介していると思うのですが、これをテイクオフの練習だと勘違いしてマネすると具合が悪いと思ったので、指摘させていただきました。

 

初心者が練習するなら、横になった状態から、まずは後ろ足をデッキパッドあたりに置いてから、前足を出すという方法で行うのがよいと思います。

 

波の状況別テイクオフ方法

この動画では、波のコンディション別のテイクオフ方法について、細かく解説がされていました。

 

プロサーファーの浦山哲也さんがコツを語ってくれているので、非常に参考になると思います。

 

トロい波

takeoff02

トロ波に乗るコツとして「胸とアゴをデッキにつけて、腕を思い切り前に伸ばしてパドルする」と解説されています。

 

そうすることで、ボードに前方向の加重がかかり、よりボードを滑りやすくする意図があるようです。

 

また、トロい波の場合は、ブレイクするのが遅いので、まだ波のフェイスが張っていない場合には、テイクオフするのを少し待ってボードを滑らせておくとよいでしょう。

 

速い波

takeoff03

速い波の場合には、トロい波の場合とは逆で、胸を反ってテール方向への加重を意識し、波からのパワーを受けてボードが下に刺さってしまうのを回避しましょう。

 

パドリングも、そこまで力を入れてやらなくてもよいです。

 

また、ボードが滑り始めたらできるだけ早くテイクオフしましょう。

でないと、波がブレイクしてしまい、フェイスが無くなってしまいます。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.