サーフィン動画レビュー

サーフィン動画レビュー、ドジ井坂のパドル修正トレーニング

更新日:

ドジ井坂のパドル修正トレーニング

レビュー対象の動画はドジ井坂のパドル修正トレーニングというタイトルです。

 

動画の内容をザックリ説明すると・・・

・全日本プロサーフィン選手権初代チャンピオンのドジ井坂さんによる解説動画
・疲れないパドリングをする上で重要なのは、背中側の筋肉を使うこと
・ストロークは、最初から最後まで水平に行うこと
・初心者は、まずパドリングの正しいフォームを覚えてから海に行ったほうがよい

スポンサーリンク

 

動画はこちらです。

 

レビュー結果

movie_review

パドリングの型を学ぶ重要性

この動画を見ていて、パドリングの型(かた)を学ぶ重要性を改めて感じました。

 

パドリングは、テイクオフと違って初心者でも「何となく」できてしまいます

そのため、疲れやすくスピードが出ないパドリングしか知らずに、ずっと伸び悩んでいる人も多い気がします。

 

パドリングは、姿勢やバランスの取り方、手のストロークの仕方など、奥が深い動作です。

この機会に、自分のパドリングを見直してみるのも、よいかもしれません。

 

背筋を使う

この動画で紹介されているように、背筋を使うようにすると、パドリングでの疲れが軽減すると言われています。

背筋は、上半身の筋肉の多くを占める筋肉です。

これを、パドリングの時に使うということですね。

 

そのためには、胸を反ってパドリングすることが必要です。

胸を反らないと、腕や肩だけの力でパドリングすることになるので、疲れやすくなってしまうんですね。

 

ストロークは水平にする

この動画では、パドリング中の手は常に水平にしておいたほうがよいと語っています。

私も、「なるべく」水平は意識したほうがよいと思うのですが、「常に」水平というのは少し違和感があります。

 

他のプロサーファーのパドリング解説動画などを見ても、水中の手の位置は常に水平ではありません。

無理に水平を保とうとすると、逆に不自然な力がかかって、ストレスになるような気がします。

 

ですので、私の個人的な意見としては、「なるべく」水平を意識するぐらいでよいと感じました。

 

ちなみに、ドジ井坂さんは「サーフィン修理工場パドリングトレーニングキット」という商品も販売しています。

 

あとがき

パドリングにおいて、背筋を使うというのは非常に重要です。

腕や肩だけでパドルするのと、背筋も一緒に使ってパドルするのでは、疲れ方が全く違います。

 

私も、かつては腕だけでパドルしていましたが、その時は沖に出るためにパドルするだけで疲れていました。

それが、背筋を使うことを意識しはじめた頃から、疲れにくくなっていきました。

 

背筋を使うために大切なことは、ボードの中心におへそを置いて、胸を反ることです。

このパドリングの基本姿勢ができていない初心者の人が、多い気がします。

 

この姿勢は、やってみるとわかるのですが、最初はとてもキツイです。

ただ、胸を反っているだけで、つらいです。

 

しかし、その姿勢に慣れることが、一番重要です。

初心者が、効率のよいパドリングを習得するために一番はじめにやるべきこと。

それは、「胸を反る」状態に慣れることです。

 

これは、野球で言えばバッティングフォームを習得することであり、

サッカーで言えば、インサイド・インステップ・アウトサイドキックのやり方を習得することと同じです。

 

この「型」を習得することなくして、先には進めません。

いえ、進むことはできますが、どこかで壁にぶつかる可能性が高いです。

 

だからといって、何も難しいことではありません。

この「型」を習得するには、海に行く必要は無いから。

 

家で、室内で、床の上にサーフボードに乗っているつもりで横になり、胸を反る練習をすればいいんです。

胸を反る練習といっても、その状態に慣れる練習なので、1日に何度か胸を反った状態をキープする練習をすればよいと思います。

 

地味な練習ですが、これをやったかやらないかで、サーフィンの上達は大きく変わってきます。

 

やはり、どんな物事でも「基本が大事」なのだと思いました。

パドルが変わるDVD
1001ここで、わたしのパドリングを圧倒的に変えてくれたDVDをご紹介します。 このDVDで、圧倒的なパドル力を手に入れてください。
 

 おすすめ記事ベスト3

サーフィンのテイクオフを楽にする裏ワザを大公開!

今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。
ただし・・・

体が硬い人限定の裏技です。

体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。

では、体が硬くて、今よりもテイクオフを楽にしたい人は、この記事を読み進めてください。

サーフィンでテイクオフがどうしてもうまくできない人は、これを読め!

もう、1年以上もサーフィンやっているけど、テイクオフがうまくいかない

そんな人が見落としているポイントをいくつか紹介します。

この記事を読んで、早くテイクオフを安定させて横に走れるようになりましょう!

サーフィンで横に走れなくて困っている初心者、集まれ!

横に走りたいのに、ぜんぜん横に走っていけない!

どうやったら、横に走れるようになるの?

長く波に乗るためには、どうしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マッシュ桜田

マッシュ桜田

サーフィン暦20年以上のショートボーダーです。年を取るにつれてサーフィンできる時間が少なくなっていますが、サーフィン大好きなので絶対に止めません!

人気記事トップ10

1

【目次】 後ろ足は「超」重要! ・後ろ足は内股にすることが大事 横に走る3つの方法とは ・ボトムターンする ・あらかじめボードを斜めにする ・アップスを使う   横に走る時の後ろ足について ...

2

サーフィンをする上で、初心者が最初にぶつかる壁。 それが、テイクオフです。   この記事では、2種類のテイクオフのやり方の紹介と、テイクオフのときの注意点についてくわしく解説していきます。 ...

3

サーフィンで最も大切なテクニック「パドリング」。 海の上を歩くという意味のあるパドリング。 このテクニックは、非常に重要です。   この記事では、サーフィン初心者の人達に向けて、パドリングの ...

4

サーフィンで横に走れない時のポイント 画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。       &nbsp ...

5

サーフィン初心者の最大の壁、テイクオフ。 その中でも、特に悩む人が多い「前足の出し方」について書いていきます。 この記事を読んで、テイクオフのときの前足の出し方をしっかりと学ぶことで、スムーズなテイク ...

6

今回は、サーフィン初心者にむけて、アップスのやり方とコツについて書いていきます。 アップスができるようになると、波を横にカッ飛んでいく爽快感がわかるので、ぜひアップスをマスターしましょう。 【目次】 ...

7

画像をタップすると、詳細に飛びます。 ※ここに戻ってくるには、画面をスライドすると出てくる画面下部のメニュー「上に戻る」を押してください。 スポンサーリンク   まず、今回の記事は以下のよう ...

8

テイクオフを楽にする裏ワザ 今回は、サーフィンのテイクオフを楽にする裏技を大公開します。 ただし・・・ 体が硬い人限定の裏技です。 体が柔かい人は、この裏技を実行しても意味がありません。すいません。 ...

9

僕が初心者のころに行っていた、室内でのテイクオフの練習方法を紹介します。 ざっくりとその練習方法を説明すると、ダンボールの上にサーフボードを置いてテイクオフの練習をするんです。   え・・・ ...

10

波待ちのやり方 サーファーが、海にいる時に一番長く行っている動作。 それが、波待ちです。   まずは、動画でイメージをつかみましょう。   では、波待ちのやり方について、細かく説明 ...

-サーフィン動画レビュー

Copyright© マッシュアップ!サーフィン , 2020 All Rights Reserved.